便秘薬に頼らず便秘を解消しよう!

便秘を解消するには、副作用のある便秘薬より、整腸作用のある乳酸菌サプリがおすすめ

便秘改善にキノコを食べよう!キノコの栄養と効果がスゴイ

更新日:

毎日どれくらいキノコを摂取していますか?キノコは安くて食材のかさ増しもできるので、なんとなく購入して食べている…という方も多いかもしれませんね。

でも、キノコは食物繊維たっぷりで便秘解消にもダイエットにも嬉しい食材なんですよ。具体的にどのような効果が期待できるのか、さっそく見ていきましょう。

キノコについて知ろう

野菜が草本植物に分類されるのに対し、キノコは動物でも植物でもない、菌類に分類されます。日本に生息しているキノコは数千種類にもおよび、その中で食用されているキノコはなんと約700種類。

代表的なのはエリンギやえのき、しいたけやまいたけ、しめじなどでしょう。いずれもスーパーで気軽に購入でき、しかも100円程度と安価なことから食卓に欠かせない食材となっています。

キノコの栄養について

実はキノコの約9割は水分でできています。水分を覗いた栄養で一番多く占めているのが炭水化物、次にタンパク質となっています。

その他には脂質やビタミンB、カリウムなどの成分が含まれており、100gあたりのカロリーは20kcal前後。

キノコに含まれる炭水化物を分類すると、βグルカンやキチンキトサン、トレハロースや、食物繊維に分けられます。これらの成分は免疫力を高めたり抗菌作用があったりと、体に嬉しい働きをしてくれます。

そして便秘でお悩みの方がもっとも注目すべきなのが食物繊維。

食物繊維は便の量を増やしたり、便を軟らかくしたりして腸の働きをサポートしてくれるんです。さらに近年では、コレステロールや血糖値の急上昇を抑える働きが注目されていています。

便秘改善のためだけでなく、ダイエットや体質改善を目的としてキノコを食している方も多いのです。

キノコに含まれる食物繊維の量

キノコ100gに含まれる食物繊維の量を見ていきましょう。

・エリンギ…4.3g
・えのき…3.9g
・ぶなしめじ…3.7g
・しいたけ…3.5g
・まいたけ…2.7g

どのキノコも食物繊維が豊富ですが、特にエリンギやえのきに多く含まれていることがわかります。また、キノコに含まれる食物繊維は不溶性食物繊維が多いため、便が細く量が少ないタイプの便秘に有効です。

乾燥タイプのキノコもおすすめ

低カロリーで安価なキノコですが、量があるためたくさん摂取することが難しいですよね。手軽にたくさんキノコを食べたい!そんな方には乾燥キノコがおすすめですよ。

先ほどお話ししたように、キノコの約90%は水分でできています。そのため一度にたくさんの食物繊維を摂取することはできません。

しかし乾燥タイプであれば水に戻すだけで良いので調理の手間がかかりません。また、粉末タイプならスープなどに入れれば簡単に摂取することができます。

乾燥タイプのキノコに含まれる食物繊維は、100gあたり約41g。生キノコの10倍も多くの食物繊維を含んでいます。また、乾燥キノコには骨粗しょう症にも効果的なビタミンDが豊富に含まれています。

まとめ

キノコは食物繊維だけでなく、βグルカンやキチンキトサン、ビタミンDなどが摂取できる嬉しい食材。便秘でお悩みの方はもちろん、美容や美肌、ダイエットに興味のある方にもおすすめですよ。

-便秘解消コラム

Copyright© 便秘薬に頼らず便秘を解消しよう! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.