便秘薬に頼らず便秘を解消しよう!

便秘を解消するには、副作用のある便秘薬より、整腸作用のある乳酸菌サプリがおすすめ

シャワートイレで便秘が悪化?正しく使って便秘を解消しよう

更新日:

今回はシャワートイレの正しい使い方についてお伝えしていきましょう。

シャワートイレのメリット

シャワートイレが当たり前となってきた日本では、「これがないとウンチが出せない」という方も増えてきています。シャワー機能によってお尻を洗うことができるため、清潔に保つことができるというのが最大のメリット。

また、紙で何度も拭く必要がなくなるため、トイレットペーパーの節約にもなりますよね。そして時には便秘解消アイテムとして役立つこともあります。

便秘をシャワートイレで改善

シャワートイレを使えば、直接肛門に刺激を与えることができますので、その刺激によって排便を促すことが可能です。つまり浣腸と同じような効果が得られるということ。

また最近ではマッサージ機能を搭載したシャワートイレも増えています。

マッサージ機能によって肛門周りの血流が促進され、便が出やすくなったと感じる方もいるようです。

シャワートイレの使いすぎで便秘が悪化?

上記のように便秘解消に役立てている方がいる一方で、シャワートイレによって便秘が悪化してしまう方がいるのも事実。

これは、シャワーの刺激によって排便を促すことに慣れ、自然に排便する力が弱まってしまうことが原因です。

似た働きをする浣腸も、時々使用する分には問題ありませんが、常用することでかえって便が出づらくなってしまうことがあるんです。

シャワートイレは排便後のお尻を洗うためのものですので、排便を促すために毎回使用するのはおすすめできません。

正しい使い方とは

毎日のようにシャワートイレで排便を促すのは良くありませんが、どうしても出ない時の緊急アイテムとして使用する場合には、以下の点に注意してください。

水圧を強くしすぎない

肛門の皮膚はデリケートですので、水圧を強くしすぎると皮膚を傷めてしまうことがあります。時には切れ痔を引き起こすこともあるため、水圧はできるだけ弱めに設定しましょう。

長時間使用しない

シャワートイレを当てながら長時間便座に座っていると、血流が悪くなりお尻に負担がかかってしまいます。血流の悪化は便通を悪くさせるだけでなく、痔を発症しやすくなるため注意が必要です。

数分程度当てても便意が来ない場合には、使用を中止し便座から立ち上がるようにしましょう。

シャワートイレを使用しても出ない場合は、ストレッチやマッサージで血流を良くしたり、白湯を飲んで胃腸を刺激するのがおすすめです。

シャワートイレを使用しないと便が出ない「シャワートイレ依存症」にならないよう、くれぐれも注意しましょう。

-便秘解消コラム

Copyright© 便秘薬に頼らず便秘を解消しよう! , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.